天才美少女Mix師「紡音れい」

コラム「ゼロから生まれた魂は、嗜好/思考を紡いで物語る」

VTuber・紡音れいは、VTuberである以前に「オタク」である。

アニメ、アイドル、声優、音ゲー、三国志、機材、その他諸々。曰く「オタクのテンプレみたいな人生」を送ってきたという彼女は、それゆえか話す話題には事欠かない。

雑談配信では自分の「好き」を思う存分に語り、突如として始まるインターネット老人会では懐かしいコンテンツも躊躇なく口にする。

そんな彼女が、VTuberにハマるのは必然だったのかもしれない。

「紡音れい」になる前、オーディションが始まったばかりの頃は「vtuberさんをよく知らないので、お勉強したいと思ってます」と話していた彼女。しかしその1週間後には「沼に落ちてしまった……」と呟き、早くも推しができていた。

「はしゃいだモン勝ちさ」と言わんばかりに沼へ向かって全速前進するその姿は、紛れもない「オタク」そのものだった。

好奇心の赴くままに突っ走るオタクとしての立ちふるまいは、正式にVTuberデビューしたあとも変わらない。

己の興味関心について遠慮なくツイートし、気になるイベントには積極的に飛び込む。

やりたいことはどんどん口にして、楽しかったイベントや好きなVTuberの動画の感想はガンガン呟く。

そのようなTwitter上でのオタク活動の結果として縁やきっかけが生まれ、思わぬコラボレーションや案件につながっていた。そんな節すらある。

あなたの「紡音れい」はどこから?

その行動力によって、主な活動場所であるYouTubeやSHOWROOM以外の場所でも、デビュー1年目の時点で存在感を示していた彼女。

だからだろうか。「紡音れい」のファンもまた、いろいろな場所から集まっているような気がするのは。

オーディション時代から追っていた人。デビュー後に応援するようになったSHOWROOMリスナー。

Twitterでバズっているのを見かけて興味を持った人。コンピレーションアルバムきっかけで歌声を聞いたVTuberオタク。

バーチャルマーケットの会場で出会ったVRChat民。クラブイベントでかかったオリジナル曲で引き込まれた人――。

他にも、へそフェス、親父ギャグASMR、おしがまイラストなど。「紡音れい」との出会いは、驚くほどに十人十色だ。

しかしそもそも、枠やジャンルにとらわれない「VTuber」の活動の幅の広さと人気ライバーの活躍っぷりを鑑みれば、それ自体は別に珍しい話ではないのかもしれない。

ただそれでも、活動1周年を迎える前の時点でこれだけ種々様々な「出会い」があったのは、彼女の積極性と頑張りあってこそだと言えるのではないだろうか。

また一方で、そうして出会ってきたリスナーとの関係性においても、彼女の「オタク」っぷりは活きている。

自身が長年にわたってオタクとして生きてきたからこそ、彼女はオタクの心根を実感として“理解っている”のだ。

自分がVTuberとして何をすればファンは喜ぶか。自身の発言がリスナー目線ではどう聞こえるか。演者と観客の適切な距離感はどのようなものか。

彼女は、そういった視点や感覚に自覚的であるように見える。

とはいえこれはあくまでも推測でしかなく、実際にはそこまで意識しているわけではないのかもしれない。

どちらかと言えばオタクであるかどうかはまったく関係なく、シンプルに「リスナーをよく見ている」というだけの話なのではないか、とも思う。

配信ではコメントをしっかり拾い、息をするようにTwitterをチェックし、イベント会場では客席の反応に目を凝らす。

単純で当たり前のことかもしれないが、実践するのは難しい。全員の反応をチェックできるはずもなく、そこでファンが抱く感情も人それぞれだからだ。

そんな混沌としたなかで、個々のリアクションを見ながら、全体のエッセンスを汲み取って立ち回れるとしたら――それはもう、一種の「技術」と言えるだろう。

しかし実際のところ、彼女はこちらがビビるほどにリスナーをよく見ている。

イベントに来てくれた人は記憶し、対面で話す機会があれば相手に合わせたトークをし、楽しんでもらうために全力を尽くす。イベントのみならず、普段の配信も同様のスタンスであるように見える。

リスナーが紡音れいをのぞくとき、紡音れいもまたこちらをのぞいているのだ。……って書こうとしたら、本人に呟かれてしまった()。悔しい。

アーティストであり、エンターテイナーであり、アイドルでもある。そして何より、リスナー想いである。

それが「紡音れい」というVTuberの魅力であり、有り様であり、生き様だ。

原点は「雑談」

https://www.youtube.com/watch?v=8K3HPFWGWxYより

本コラムの冒頭で、「Twitter上でのオタク活動の結果として縁やきっかけが生まれ、思わぬコラボレーションや案件につながっていた」と書いた。

これも一面的には間違っていないと思うが、そもそも彼女は「オタク活動」とは関係なく、折に触れて「考えを口に出す」「思っていることを呟く」ことを意図的に続けている。

彼女が重視しているのは、「自分の考えを話す」ことと「目標を公にする」こと

自分の夢、やりたいこと、考えていること。彼女のオタクトークは、この「自分の考えを話す」の範疇にあると言ってもいいのかもしれない。

振り返れば、彼女はオーディション時代から「自分の考えを言語化して発信する」ことを意識してやっていた。いつだって「伝える」ことの努力を怠らず、周囲と――過去に夢を否定された両親も含め――向き合っていた。そう思う。

https://twitter.com/tmgnrei/status/1213130758610489349

「こういう思いがあってこういうことしてるから、この活動にはこういう意味があるんだよね」みたいなことを、その子がポロッと話したときに「……好き」ってなる。

「その考え、すてき!」ってなる“好き”もあるし、「あーそういう考え方もあるんだー! 知らなかったなあ……好き」のパターンもある。

いろんなパターンがあるんだけど、とりあえずその人の思考回路にふれないと好きにはなれない、ってことですね。

【雑談】僕の原点お話しします。【紡音れい Vtuber】 – YouTubeより)

――わかる(わかる)。

ただしVTuberが己の思考を口にするにあたっては、少なからずバランス感覚を求められる印象もある。

VTuber各々の活動スタイルにもよるが、「自己」≒「魂」の思想や事情をつまびらかにしすぎることに、若干の抵抗を覚えるファンもいるからだ。

加えて、ネガティブな話ばかりではリスナーも不安になるし、話題によっては価値観の不一致を感じて離れる人も現れかねない。

しかしその点、彼女の「雑談」は安心して聞くことができる。

配信で口にするのはあくまでも「自分の考え」であることを強調しつつ、頭ごなしに何かを否定するような物言いはしない。

悩み事についても極端にシリアスな雰囲気にはならず、前後に別の話題を挟んでバランスを取ったり、最後には前向きな解決策を提示したりしてくれる。

だから自然と、配信後はいつも「考えを聴けてよかったな」という気持ちになれるのだ。

このような彼女の「雑談」が好きで、もしFANBOXをチェックしていない人がいたら、ぜひフォローしてみてほしい。

彼女のこれまでの活動と思考の変遷が垣間見えて、興味深く読めるはずだ(※一番安い100円の支援プランでも大半の記事が読めます)

「2年間」の重みと、「3年目」のありがたみ

VTuberとしての活動も3年目に突入し、初の1stワンマンライブも見事にやり遂げた、2021年5月末。

活動休止や卒業の知らせも珍しくないVTuber界で、彼女が無事に「3年目」を迎えられたことを、1人のファンとして改めて嬉しく思う。

所属メンバーも増え、今まさに波に乗りつつあるZERO Projectを仲間と共に引っ張りながら、今後もきっと多方面で活躍してくれるはずだアイドル活動も楽しみですね!)

本コラムの前のページでも簡単にまとめられているとおり、改めてその活動の軌跡を振り返ってみると、VTuber・紡音れいの活動の幅広さと濃密っぷりには驚かされる。本人にとっても、きっと忙しくも充実した2年間だったのではないだろうか。

「最後のチャンス」として挑んだ魂オーディションを乗り越え、その翌月には早くもリアルイベントにMCとして出演。

ライブステージに立つ機会にも恵まれる一方、配信プラットフォームのイベントにも積極的に参加。

そのひとつであるオーディションイベントを勝ち抜き、デビュー半年で3Dモデル化を果たし、VRの舞台で先輩VTuberにも負けないパフォーマンスを披露した。

その後もコンピアルバムへの参加やオリジナル曲のリリースが次々に決まり、ますます躍進する活動2年目へと突入。

事務所経由の案件もこなしつつ、DJやVRの世界にも果敢に飛び込むなど、そのバイタリティの高さには本当に頭が下がる。

思えば、ゼロから始まった最初のオーディションからずっと、いつだって彼女は何かに挑戦していたし、僕らはその姿から元気をもらっていたように思う。

0と1の境界を超えて、超常現象となったVTuber。

自身の夢と、仲間から受け取った想いを胸に、彼女は今日も音楽で物語を紡いでいく。

関連リンク

「紡音れい」を紹介しているページ

© ZERO Project

1 2 3
【紡音れい】サムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから

この記事を書いた人

けいろーのアバター けいろー ライター

フリーライター。VTuber/VR関係の記事を書くライターとして、MoguliveやVtuber Postに寄稿。VTuberの紹介記事・インタビュー・ライブレポートなどの執筆と取材を担当。Grater Recordsのアルバム「ワコンピ」では和太鼓の演奏で参加している。