【インタビュー】ヘットフィールド師匠と『ワコンピ』楽曲を振り返る!XRイベントと今後の展開は?

【インタビュー】ヘットフィールド師匠

7月にデジタルリリースされた、VTuberとリアルアーティストによる、新たな「和」をとしたコンピレーションアルバム『ワコンピ-WACOMPI-』

VTuberからは、白雪巴さん、杏仁ミルさん、覇優雅エミさんらが、第一弾参加者として発表。その後のボーカルオーディションを経て、美波七海さん、BΣretta Crossrainさん、ユプシロンさん、奏⾳リリィさんが追加アーティストに決定。さらにリアルアーティストもそうそうたるメンバーが発表され、話題になりました。

2020年11月に始まったクラウドファウンディングの支援総額も、目標の2.5倍となる約370万円を記録。新型コロナウイルス感染症の流行によって制作に影響が出るも、2021年5月にはクラウドファウンディングの支援者向けにアルバムをリリース。そして7月28日、ついに各音楽配信サービスでの配信がスタートしました。

そんな『ワコンピ』において欠かせないキーパーソンの1人が、VTuber・ヘットフィールド師匠こと坂本マニ真二郎さん。アルバムのプロデューサーを務め、また自らもクリエイターとして複数の収録曲の制作に携わっています。

自身のnoteでも『ワコンピ』にかける熱意を綴り、セルフライナーノーツでは、楽曲のみならずアーティストとクリエイターの魅力についてもアツく語っていた師匠。そんな師匠が、『ワコンピ』が無事にリリースされた今、何を思うのか。そして、今後はどのような展開を予定しているのか。お話を伺いました。

インタビュー・執筆・編集 / けいろー(@K16writer

目次

ヘットフィールド師匠と振り返る『ワコンピ』楽曲

――本日はよろしくお願いいたします

ヘットフィールド師匠
よろしくお願いいたします! いやー、今回こうしてお話するにあたって、久しぶりに『ワコンピ』のアルバムを通して聴いてきました。

クリエイターさんって、自分が作った曲を完成後に聴きなおす人もいれば、まったく聴かない人もいて(笑)。どちらかと言えば僕もあまり聴かないほうだったんですけど、昨日聴いてみたら、自分が手がけていない曲のように聴くことができました。

――時間が経ったことで、ある程度は客観的に聴けるようになった、ということでしょうか。

師匠
そうですね、フラットな視点で聴けて。自画自賛じゃないですけど、「おもしろい作品ができてたんだな」って感じました。

――改めて聴いてみたことで、印象が変わった曲ってありますか?

師匠
そうそうそうそう! それは本当にあって!

もともとはリード曲が一番印象が強いというか、そういうふうに自分が作ったのもあって……美波七海@37373vさんの「Nirvanas」っていう曲が印象に残ってたんですけど。でも、改めて全体を通して、フラットに聴いてみると、それ以外の曲も少しずつ印象が変わった気がします。

僕、普段は電波曲をすごくよく聴くんですよ、実は。

【インタビュー】ヘットフィールド師匠

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
目次
閉じる