熱量が形作る新世界!笹野原ぽいずんオススメのVRCムービーアワードと、ホテル・カデシュの魅力【#シェアすこ】

【シェアすこ】ぽいずん/ホテル・カデシュ
「シェアすこ」とは

自分の「好き」や「おすすめ」を持ち寄って、自由に話す交流会。

好きなアニメや、最近ハマっている漫画。
思い出の音楽や、お気に入りの食べ物。

配信で話題にしたり、Twitterで呟いたりすることはあっても、がっつり話す機会は意外と少ない、「好きなもの」についての話。そんな「好き」を持ち寄って、たっぷり時間をかけてお互いに紹介する交流会です。

今回の参加者
笹野原ぽいずん
琲煎まき
【アイコン】七篠さよ
七篠さよ
桜葉
おむらいす食堂
けいろー

全編VRChatで撮影!?VRCムービーアワードと「ホテル・カデシュ」

笹野原ぽいずん

今日、僕がご紹介させていただくのはですね、VRChatのVRCムービーアワードです。VRChat上だけで撮られた映画や短編集がいろいろ公開されてるんですよ。

七篠さよ

そんなのあるんだー。

https://twitter.com/VRC_MOVIEAWARD/status/1621735556421152768
笹野原ぽいずん

そのなかの長編枠に入る33分くらいの映像作品なんですけど。洋画系のロールプレイを主にやっているホテル・カデシュっていうすばらしいグループさんがVRChat上にいらっしゃいまして。もう長年にわたって映像を撮ってるんですが、その最新作を今回はおすすめしたいなあと。

それがこのという作品ですね。2分くらいのプロモーションビデオがございますので、流していただきましょうか。ちょっとテーマが重い任侠ものなので、人によりけりなんですけど……おもしろいので、ぜひ。

桜葉

これ、知ってるやつだ……!

琲煎まき

ヤクザもの?

笹野原ぽいずん

そうですね。「ホテル・カデシュ」そのものが殺し屋をテーマとした舞台になっていて、マフィアとヤクザが主なキャラクターとして出てきます。

琲煎まき

あ、すごい! 映画っぽい!

おむ

すごいよね!? これ!

桜葉

すごっ!
VRChatなんだ!?

七篠さよ

思っていた以上にちゃんと映像になっている。

琲煎まき

フルトラなんだこれ!?

桜葉

これ、人を集めるのが大変じゃないのか……?

笹野原ぽいずん

ほんと、エキストラまできっちり集めて撮っているので。

おむ

ってかこのVRChatのアワード、本当にすごいよね……!?

七篠さよ

うん! すごいこれ〜!

桜葉

濡れてる表現がすごい!

琲煎まき

すげえ……! ちゃんと映画してるな!?

ホテル・カデシュ『掌』|本予告|全編VRSNS撮影邦画 – YouTube
けいろー

(流れ出した挿入歌を聞いて)
ウワアアアアア!! 予告編だァ!?

七篠さよ

ちゃんと映画っぽい!!

笹野原ぽいずん

このね、挿入歌も作ってあるんですよ! めちゃめちゃ良い曲なので!

七篠さよ

すごい! おもしろそう!

琲煎まき

ここまで作れるんや……!

桜葉

気になる〜〜〜!!

七篠さよ

これはどこで見られるんですか!? 本編は!

笹野原ぽいずん

YouTubeで全編公開されています。

桜葉

な、なんだってー!?
無料だってー!?

琲煎まき

無料で!?

七篠さよ

無料だとぉ!?
マジすごいこのクオリティ!

おむ

いや、マジすごいマジすごい。

笹野原ぽいずん

これがね、自主制作でみなさん作っていらっしゃるということで。

おむ

お金取れるよぉ……!

琲煎まき

これこそ、バーチャルシネマで上映したほうがええんやなかろうか……? 映画館で観たいな!

作り込まれた世界観、会えるキャラクター、訪れることができる舞台

笹野原ぽいずん

「実際にこのキャラクターを作ったの!?」という声も上がってましたが、ホテル・カデシュ自体、マフィアとヤクザの方々がメインとなっているロールプレイイベントで、それぞれキャラクターの方々が存在するんですよ。幹部会の第一席から第十席とか、トップのドンの方々がいらっしゃいまして。

PVにも出ていた美登利組(みどりぐみ)の司一(つかさはじめ)さんという方が今回の映像の主人公なんですけど、この方もそのロールプレイイベントに登場する、ホテル・カデシュのキャラクターの1人なんですよ。

各キャラクターのバックストーリーをこういう映像作品として作成して、それぞれのエピソードを断片的に観ることができる――っていう構造になっています。

七篠さよ

あ、そういうことか!

桜葉

ホームページにキャラクター紹介とかも載っててびっくりした。

笹野原ぽいずん

そうなんですよ。キャラクター紹介とか、世界観の説明とか、いろいろまとまっているので。

キャラクター・キャスト紹介 | HOTEL QADESH OFFICIAL HOMEPAGE
おむ

本物すぎる……!

琲煎まき

アツいな! なるほどねー! VRCってアバターありきみたいなところがあるけど、そこに「存在」を生んじゃってるんだ。

笹野原ぽいずん

そういう感じになりますね。なりきっている――と言いますか、本当にいろいろな方々が携わってこの企画が成り立っています。

今は本編から派生して、ファン作品や外伝などの映像化もいろいろな方がするなど、広がりのある世界観になっていて。

全部見ようとすると、結構なボリュームになってしまうんですけど……ぜひね、この「ホテル・カデシュ」の世界観を深掘りして、楽しんでいただけたらと思っていますね。作り込みが本当にすごいので。

琲煎まき

そんなに作ってるんやなー、すごいなー。

桜葉

これ、ホームページに書いてある「ワールド」にも行けるんですかね?

笹野原ぽいずん

こちらも……
実際にありますよ……(小声)

桜葉

なぁんてこった!!

おむ

小声になっちゃったよww

七篠さよ

ほんとだすごーい!

けいろー

そうなんですよね! 自分は逆にこの海洋研究所のワールドのほうに最初に行って、その入り口で映像が観られるようになっていたので、「これ、洋画やん!?」って驚いた記憶があります。

これらのワールドって、実際に作品の「舞台」に入れる……ってことですよね?

笹野原ぽいずん

まさにそのとおりです。舞台となったワールドが存在していて、実際に訪れることもできます。

VRChatワールド「フォルネウス海洋研究所」(ワールドリンク
琲煎まき

すごっ! 聖地巡礼できる、ってことやな!?

笹野原ぽいずん

できちゃいますね……! しかもロールプレイイベントもあるので、僕たちもあの世界の1人のキャラクターとして、実際にみなさんに会いに行くことができるんですよ。

このホテル・カデシュにお呼ばれして、その現地にいる1人としてアクションできます。

琲煎まき

映画村やん!?

七篠さよ

映画村だ!?

笹野原ぽいずん

次、イベントがいつあるかはわからないんですけど、たまに動きがあるので、Twitterなどでチェックしていただければ、リアルタイムで遊びに行くこともできると思います。

琲煎まき

怖いって〜! VRChat〜!

桜葉

なんかすご〜!

七篠さよ

すごい世界だ本当に。

ものづくりにはお金が必要……だけど?

琲煎まき

知り合いにもどっぷりVRChatで活動してる人いるけど、「これ、絶対金取れるって!」ってやつを無料でやってるからな、みんな。

七篠さよ

ヤバいですよね本当に。

琲煎まき

ロールプレイをしながらお客さんの相手をしていて、しかもめちゃくちゃ細部までこだわっていて、「これってどれくらいお金かかってるんですか?」って聞いたら、「いや、全員、趣味でやってる」みたいな。

七篠さよ

有志でやってる、みたいな感じですよね。

琲煎まき

だからそう考えると、「めちゃくちゃ資金繰りしまくってる僕たちVTuberっていったい何なんだ……?」って(笑)。

桜葉

あっ……はわわ……!

七篠さよ

たしかにww

笹野原ぽいずん

でも一応、BOOTHとかでね、サウンドトラックや設定資料集などを販売して、そのあたりで還元をお願いします、っていう流れもありますし。

七篠さよ

これだけ作り込まれてたら、逆に「(お金)出しますよ!」みたいな感じだよねw

笹野原ぽいずん

ってなりますよね。そこで応援できればいいので。

けいろー

ファンは喜んで買いますよ〜!

琲煎まき

VRChatのイベントではキャストの一人ひとりに焦点が当てられているから、ファンがめちゃくちゃできやすくて、それも濃いファンがめっちゃついてるらしくて。欲しいものリストがからっぽになるくらい、(ファンがプレゼントを)贈ってくれたりするらしい。

笹野原ぽいずん

そうなんですか……! へえ〜!

琲煎まき

「RTX3080のグラボを入れておいたら、いつのまにかなくなってた」とか。

おむ

すご!?

桜葉

やば!

琲煎まき

なんか急に届いたみたい。「これで制作がんばってください!」みたいな感じで言われるし。

七篠さよ

「もっと良いもの作ってください!」っていうアレですよね!

笹野原ぽいずん

「良い作品を作ってくれるなら安いものですよ……!」みたいな気持ちはあると思います。

おむ

そういう話を聞くと、ものづくりにはもちろんお金が必要かもしれないけれど、究極「お金じゃないんだな」ってやっぱり思う。

琲煎まき

熱量がすごい。

笹野原ぽいずん

やっぱり、熱量から作られる。

おむ

お金のことを考える前に動いちゃってるんだよね。きっと。

琲煎まき

マジで思うけど、お金って「枷」だよなって。それがないと実現できないこともあるけれども、僕は究極「ないほうがいいな」とも思ってるから。

だからそういう意味では、採算度外視で作るほうが強いと思ってるし……いやあ、見習いたいっすね。

笹野原ぽいずん

そうですね。この熱量は見習っていきたい部分がありますね。

けいろー

露伴先生も言ってたもんね……(ボソッ

七篠さよ

言ってたもんね!

おむ

伏線回収出たな……!

笹野原ぽいずん

本当にいろんな作品があるので、ぜひね、調べていただいて。

VRCムービーアワードは他の作品もいいぞ

おむ

私もこのVRCムービーアワードを見てたんだけど、『IRREGULAR’S』もかなり映画映画してて、「あー! すげー!」って思った作品のひとつで。

ほかにも「えー!? なんじゃこれー!?」っていう映像がたくさんあるから、マジでこれは漁ったほうがいい。

けいろー

あとで見よう。

おむ

マジやばい! ほんとに映画!!

笹野原ぽいずん

こういうの見るとね、撮りたくなっちゃうよね……!

おむ

本当にそう! 私が何がに対して「わ〜!?」って思ったのかって言うと――すみません、私の話になっちゃうんだけど(笑)。

あの、ピクサーやフル3Dの映画はすでにあるけど、VRChatってそのキャラクターの一人ひとりに「人間」が入ってるじゃないですか! 「この一人ひとりの中に『人間』がいる」っていうのが、なんかもう次元が違うというか……。

琲煎まき

そう!

おむ

だって、そこに「命」があるんすよ!

コンピューターで作られた動きじゃなくて、人が動いてやっている――今ちょうど公開中の『アバター』とかもね、それに近いのかもしれないけど――それを個人制作レベルで、しかも「VRChat」っていう映画制作ソフト“じゃない”ものでやっている。

本当に「バーチャルで生きている」というか、「バーチャル」の世界観を物語っているように感じられて……もう……みんな……バーチャルで生活してくれ〜〜〜!!

桜葉

うんうんうんうん! バーチャルに生きよー!

おむ

なんかもう……「生きてくれー!」というか、
「もっと見゛せ゛て゛〜!」って(笑)

けいろー

あふれちゃってるあふれちゃってるww

笹野原ぽいずん

っていう魅力が詰まってるよね……! 本当ね!

けいろー

ちょっとこれ、海洋研究所も改めて行きたいな。

おむ

ってかそう、映画を見て、そのすぐあとに聖地巡礼の旅なんて行ったら、みんな脳みそ溶けちゃうんじゃない?

けいろー

これ、アレっすよね? ワールド単体でも楽しめますよね?

笹野原ぽいずん

もちろんワールド単体でも楽しめる仕様になってるので、綺麗な空間を楽しんでいただければ! バックグラウンドを知っていれば、その分さらに楽しめはしますけど。

七篠さよ

いやー、まだまだぜんぜん知らない世界だわー。本当に(HMDを)買ったばかりで、「どこから手をつけようかな?」って思ってたけど、こういうところから見ていくっていう手もあるんだね。

笹野原ぽいずん

そこからじわじわ、楽しんでいただければ。

おむ

知らないうちに、狂ってるよきっと。

けいろー

狂気にあてられて……。

おむ

「あれっ!? ……フルトラになってる!?」

琲煎まき

「いつの間に!?」

桜葉

「あいつ……動くぞッ……! 膝も……腰もッ……!」

おむ

「肘も!? 肘も動くぞ!?」

桜葉

「なんだって!?」

けいろー

「顔の表情まで!?」

桜葉

「指も1本1本……自由に動いている!」

琲煎まき

(機材の値段が)高い高いw 20万円超えるww

ディープなユーザーが集まる、わけわからん世界

おむ

映画を作るうえでは、なんかもう「全身が動く」のが当たり前の世界になってるからビビる。

ライトユーザーだけが集まって作ってるんじゃなくて、「ディープユーザーが集まって作ってる」っていうところがね、ひとつ感銘を受けるポイント……。

琲煎まき

ヤバいよな……! どうやって見つけてきたのその人脈……!

おむ

いや、でもやっぱり、狂人は狂人に惹かれてしまうからしょうがないんじゃないか……?

琲煎まき

ガチのVRChatterは秋HUB(※)にも集まってるらしくて、それで情報共有してるっぽい。

七篠さよ

へー、そうなんだ!

秋HUB:イギリス風パブチェーン「HUB」の秋葉原店のこと。以前からオフ会などで利用されていたが、最近はVRChatユーザーの「聖地」としても訪れる人が増えている様子。仲間内でのオフ会のほか、VRニュースサイト・PANORAさんが主催する「メタのみ」なども話題(関連記事)。

琲煎まき

なんだかんだでリアルのつながりはあるんかな、って感じだった。

笹野原ぽいずん

そうだね。この映像制作にも、もともと映像系の学校に行っていた方が関わっていらっしゃって、そのつながりからこういうグループが派生しているらしい――っていうお話も聞いてるから。

でもその一方では、初心者の方とかもVRChatに入って自分で映像を撮ろう――っていうことで、今回は62本くらいエントリー作品があって。

琲煎まき

ろくじゅうにほん……!

七篠さよ

結構ある!

おむ

あるね〜! そんなあるんだっけ!

笹野原ぽいずん

そう、ショートも含め本当に大勢の方が応募してるから、ぜひね、気になる方がいたらチェックしてみてはいかがでしょうか。

琲煎まき

あ、ヤバいな! 知らん世界だなー! すごいな!

七篠さよ

「まだ入り口の入り口しか見てなかったんだなー! VRChat!」って思ったわ。

おむ

VRChat、わけわからんからなー。

笹野原ぽいずん

ほんとにわけわからん!

おむ

でもその「わけがわからん」っていう状態でも、別に100%理解していなくても、ぜんぜん楽しめるからね。

だって、リアルの世界だって100%はわかんないし、「そういうもんじゃん?」って思う。「こういう世界もあるよ」って知れるのはありがたいよねー。

七篠さよ

なんか良い話聞けたなー!

※記事公開当初、「アバターも作った」という旨の説明をしていましたが、映像中のアバターの多くは、市販アバターを規約上問題のない形で改変して使用されていると、カデシュ・プロジェクト様からご指摘を頂戴いたしました。お詫びして訂正いたします。

エントリー作品の再生リストはこちら
【シェアすこ】ぽいずん/ホテル・カデシュ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから

この記事を書いた人

けいろーのアバター けいろー バーチャルライター

フリーライター。VTuber/VR関係のメディアとしては、MoguliveやVtuber Postに寄稿。インタビューやライブレポートなどを担当している。その他実績として、コミックナタリー、ふたまん+、SUUMOタウン、ぐるなび みんなのごはん、『初音ミクエキスポ』公式パンフレット、双葉社『EX大衆』VTuber特集、日本看護協会出版会『創造られたヒロイン、ナイチンゲールの虚像と実像』など